Dedicated Analytical Solutions

パンフレットとデータシート

お勧めのダウンロード

パラメータ:タンパク質、脂肪、水分、繊維、デンプン質、アミノ酸、その他アプリケーションによる多数の成分

使用対象: 研究所、食品メーカー、飼料メーカー

分析量: 若干のサンプル前処理、または前処理なしで一分以内に結果が出ます。

サンプル: 粉末から粗い顆粒状、ペレット状、フレーク状のあらゆる個体測定に加え、当オン反射法による液体スラリー状測定など、様々なアプリケーションに対応します。

お客様のサンプルタイプにあったソリューションの検索

FOSS サービスとサポート

装置本体だけではありません。FOSS ソリューションは250人以上に及ぶ熟練のサービスエンジニアによるグローバルネットワークによって支えられています。

FOSSのサポート

XDS Rapid Content Analyser™

最先端の非破壊化学分析

 FOSS Rapid Content Analyser™は、卓越したS/Ntt、波長精度、バンドパスの性能を備えた研究向けの、400~2500nm連続型スペクトルの最新型のNIR分析装置です。 XDSプラットフォームはこれまでのNIRS装置での成果を基に開発されているため、高いパフォーマンスを持ち使いやすくメソッドの移行も速やかに行えます。 最高の分析パフォーマンスと分析パラメータの選択が自由に行いたい場合は、XDSは合理的な選択と言えます。

必須 *

測定対象は?

詳細に関するご相談はお気軽にフォス・ジャパンまでご連絡下さい。 ご興味をお持ちの分野をお知らせください。

NIRを用いた効率的な栄養管理

NIRは堆肥分析のプロセスを簡易化して促進し、効果的な栄養管理の開発と環境への影響の低減にも役立ちます。

詳細はこちら (pdf 550kb)

高性能のNIR技術

XDS RCA?は全可視および近赤外スキャンを利用しています。 近赤外分析は自然に存在する電磁スペクトルを利用した分光技術です。 NIR領域は700nm~2500nmの波長領域のスペクトルです。

詳細はこちら

インターネットを介したモニタリングとサポート

XDSとその他NIR装置はRINAソフトウェアにサポートされています。 このソフトウェアはインターネットを介してネットワークを使用し、個別の装置を管理・センターにつなぎます。 管理センターではNIRのエキスパートが遠隔で装置のモニタリングや管理を行っているため、現場のユーザーは装置の性能や分析結果の信頼性を心配することなく、日常の分析作業に専念することができます。

詳細はこちら

迅速性および汎用性

成分分析または識別検査を行う際に、オリジナルのバイアル、バッグ、ボトルや、幅広い選択肢を持つサンプルプレパレーション・モジュールが用いられ、試験室やアットラインで活躍しています。

全可視領域とNIR領域をスキャン

XDSは可視領域で大きく改良されたため、か可視領域を用いた高精度で移植性に優れた検量線の開発が可能になりました。 クロロフィル、色素、米の白度、デューラムの黄色度、その他を含む、色に基づいた測定に最適です。

検量線の移植性

XDSは製造工場で標準化されているので、改めて製品の標準化を行うことなく、分析装置同士間で移植可能な検量線を作成することが出来ます。

We make your user experience better by using cookies. If you continue on this website you agree to the use of cookies. Read more about cookies here.

×