Dedicated Analytical Solutions

パンフレットとデータシート

お勧めのダウンロード

分析量: 250mlまたは100mlの分解チューブのいずれかのチューブ8本、または20本の処理能力
使用対象: 試験室
サンプル:ケルダール分析対応の広範囲のアプリケーション

お客様のサンプルタイプに合ったソリューションの検索

FOSS サービスとサポート

装置本体だけではありません。FOSS ソリューションは250人以上に及ぶ熟練のサービスエンジニアによるグローバルネットワークによって支えられています。

FOSSのサポート

Tecator™分解システム

ケルダール分析用の経済的で効率的な分解

 Tecator™分解システムは8本、20本、または40本のチューブ収容能力のあるチューブラックと分解ユニットから構成されています。 この汎用的な分解システムには、一日当たり数サンプル取り扱える物から、完全自動稼動で高度な処理能力を持つシステムまであります。

必須 *

測定対象は?

詳細に関するご相談はお気軽にフォス・ジャパンまでご連絡下さい。 ご興味をお持ちの分野をお知らせください。

簡便なケルダール分析

Tecator™分解システムは、便利で安全、フレキシブルな、ケルダール分析用の完全自動分解を可能にします。 双方向PC通信はトレーサビリティーとGLP(医薬品安全性試験実施基準)に対応します。

効率的で経済的な分解システム

円滑な作業は化学薬品、エネルギー、作業、スペース、そして時間削減にもつながります。 効率的な排気ガス封じ込めは標準オプションの排気マニホールドによって可能になります。また、有毒な排気はオプションのスクラバーによって処理することができます。

Auto LiftとAuto Rackシステム用ソフトウェア

自動バージョンには2つのソフトウェアシステムがあります。 内蔵のソフトウェアは、分解システムに必要な機能全てをルーチン的に制御します。 CD版のPCアプリケーション・ソフトウェアは、ユーザーのニーズに応じてデフォルト値を変更することの出来る、システム管理ソフトウェアです。

3段階の管理

Tecator分解システムでご利用いただける3つのバージョン: Auto Lift、Auto Rack、Basicを取り揃えております。 高度な工程の自動化を可能にするAuto Liftシステムは、高温で危険な試薬類の取り扱いを回避できます。Auto Rackシステムでは手作業が必要とされ、Basicシステムでは全ての作業がオペレーターにより行われます。

医薬品安全性試験実施基準用ソフトウェア

Tecatorソフトウェアの全ては医薬品安全性試験実施基準(GLP)に定めるルーチン作業と認定手続きに対応しています。 データは常にログに記録され、最も最近の32のデータは分解ユニットに保存できます。 全ての情報はアーカイブ用とレポート作成用に、PCへの転送が可能です。

フレキシブルで省スペース

250mlと400mlのチューブは排気ヘッドを共有し、同じ分解ブロック内に一体化されるので、ドラフト内の省スペースを図りながら、ケルダール分析をさらにフレキシブルに行うことができます。 チューブやサンプルの入れ替え無しで、サンプルをラックごとケルテックオートサンプラーに直接、分解装置からセットできます。 .

We make your user experience better by using cookies. If you continue on this website you agree to the use of cookies. Read more about cookies here.

×