Dedicated Analytical Solutions

パンフレットとデータシート

お勧めのダウンロード

測定項目: タンパク質・水分・油分 

対象: 大豆かす製造ライン 

測定頻度: スキャンは数マイクロ秒で、プロセスを流れる大豆かすを直接測定でき、数秒で結果が示されます。

お客様のサンプルタイプにあったソリューションの検索

FOSSのサービスとサポート

装置本体だけではありません。FOSS ソリューションは250人以上に及ぶ熟練のサービスエンジニアによるグローバルネットワークによって支えられています。

FOSSのサポート

ProFoss™ 大豆用

大豆加工のプロセスにおける経費とリソースの節約

Fossのソリューションは大豆かす製造における高精度のモニタリングを可能にします。 ProFoss™大豆用は水大豆かすの分・タンパク質・油分を製造工程の中で測定し管理していくためのソリューションです。高解像度のNIR技術は非破壊で、製造ラインを直接分析することを可能にし、製造の中でポイントとなる工程の効率を改善して、品質と利益率向上に役立ちます。

必須 *

日常分析の利点について

詳細に関するご相談はお気軽にフォス・ジャパンまでご連絡下さい。

大豆加工工程における経費とリソースの節約

ProFoss™大豆用は大豆かすの製造の最終段階で、水分、タンパク質、油分を連続的に測定するためのソリューションです。油分の測定はかすと油の油分のベストバランスを保ち、歩留まりと収益の最適化に役立ちます。同様にタンパク質と水分値の最適化は製品品質と廃棄の安定に役立ちます。

詳細はこちら

堅牢でメンテナンスの少ないオペレーション

プロフォスシステムは稼働時間を保ち日々の製造への影響を最小にします。一度調整されたら定期的な調整はほぼ必要ありません。高い安定性を持つ高解像度技術は、多くの手順を踏むことなく長期間安定した精度を保つことを可能にします。

詳細はこちら

専用のサンプルインターフェース

ProFoss™ 大豆用は反射型の最適化された専用インターフェースを用いています。

• ウィンドウ リフレクタンスはパイプに直接接続できます。
• バイパスを使わないで設置できる真のインライン装置です。
• 可動部分がほとんどありません。
• キャリーオーバーの影響を受けません。

詳細はこちら

正確な分析で歩留まりの改善

タンパク質のばらつき軽減で年間US $150,000の削減が期待できます。
水分のばらつき軽減で年間US $150,000削減が期待できます。
食用油のばらつき軽減でUS $300,000削減が期待できます。

詳細はこちら

合理的な次のステップ-ラボモデルとの比較

ラボモデルとの違い

詳細はこちら

安全で非破壊のNIR技術

ProFoss™は高解像度ダイオードアレイ分析として知られる近赤外法に基づいた技術を採用しています。 インターネットを通じた遠隔サポート・メンテナンスもご利用いただけます。

詳細はこちら

インターネットを通じたモニタリングとサポート

RINAソフトウェア シリーズはProFoss飼料用とその他のFOSS NIR分析装置に対応しています。 インターネットベースのネットワークは個別の装置をコントロール・センターにつなぎます。そこではNIRのエキスパートが遠隔で装置のモニタリングや管理タスクを実行するので、現場のユーザーは装置の性能や分析結果の信頼性について心配することなく、日常の分析作業を行うことができます。 

詳細はこちら

素早く簡単に設置

ProFossシステムの精度の背後にある高解像度技術はシステム実現の際にもメリットが発揮されます。 個々の機器の一貫性と安定性は信頼が置けるので、インスタレーションにかかる時間とコストを低減できます。

連続的なモニタリングとリアルタイムの結果

ProFoss™ インラインソリューションは連続的な結果からリアルタイムでの調整を可能にします。わずかな調整も歩留まりや原料の有効活用に大きく効果を見せることがあります。

We make your user experience better by using cookies. If you continue on this website you agree to the use of cookies. Read more about cookies here.

×