Dedicated Analytical Solutions

パンフレットとデータシート

お勧めのダウンロード

幅広い互換性

Mosaicはさまざまな装置と分析技術に対応しています。 現在対応している製品は MilkoScan™ FT1, MilkoScan™ FT2, MeatScan™, Olivia, DA1650, DS2500, BioFoss™, OenoFoss™、WineScan™、Infratec Sofia™、Infratec 1241™グレインアナライザーです。

お客様のサンプルタイプにあったソリューションの検索

FOSS サービスとサポート

装置本体だけではありません。FOSS ソリューションは250人以上に及ぶ熟練のサービスエンジニアによるグローバルネットワークによって支えられています。

FOSSのサポート

Mosaic™

機能設定、サポートと監視を中央管理

Mosaic™はお客様の分析装置をまとめて遠隔で管理、設定、調整する、ネットワーキング・ソリューションです。 FOSSの専門家NIRチームが、装置のパフォーマンスを改善するための更新と調整の全てを中央で一括に行うこともできます。 時間の節約になるだけではなく、大幅なコスト削減を実現することで知られています。

RINA

Mosaicの機能性は、RINAがISIScanソフトウェア実行中の近赤外(NIR)装置専用であると言うことを除いては、RINAソフトウェアと同様です。 ISIScanソフトウェア対応機種:InfraXact™、NIRSystems™ II、 FoodScan™、XDS™ これらの装置に関してはRINAを参照してください。

詳細はこちら

迅速で安全に更新された最新検量線にアクセス

Mosaicは全ての装置が更新された最新の検量線を確実に使用するようにします。 つまり、装置はより良い性能を発揮し、お客様側でのメンテナンスの必要性が低下することを意味します。 個別のクライアントが貴重な検量線モデルをコピーできないよう、全ての検量線を保護することも出来ます。

パフォーマンスの向上

Mosaicによって効率よく作業でき、検量線の改善に専念していただけます。 このような継続的なモニタリングと検量線の改善により、個々の装置のパフォーマンスを向上させることができます。

Mosaicでコスト削減

Mosaicを使ってネットワークを中央管理することで、大幅なコスト削減を実現できます。つまり、サポートをFOSSにアウトソーシングする、もしくはインターネットでのサポート・ネットワークを自社内に構築して、サポートチームが関連作業を処理することで可能となります。 検量線開発とサポートにおいてより効率的に作業することで、さらなるコスト削減を実現することも出来ます。

Mosaicネットワークの3つの要素

1. ネットワーク全体から全ての情報を集めるサーバー

2. Mosaicサーバーと通信する一つまたは複数のクライアント

3. インターネットを使って、サーバーに通じている全てのクライアントと通信するネットワークマネージャー

必須 *

さらに詳しく知りたい方へ

詳細に関するご相談はフォス・ジャパンにご連絡下さい。

We make your user experience better by using cookies. If you continue on this website you agree to the use of cookies. Read more about cookies here.

×