Dedicated Analytical Solutions

パンフレット

お勧めのダウンロード

パラメータ: 脂肪分

使用対象: 全ての食肉生産業者

技術: NIR

代表的検査量: 最大25サンプル/時間

お客様のサンプルタイプに合ったソリューションの検索

MeatScanを導入により、毎日5トンのひき肉生産規模で、通常、年間収益を最低でも2万ユーロ相当改善することが出来ます。 収益改善は原料をより効率的に利用することからはじまります。 何より、安定した品質の製品を市場に供給できる利点を実感いただけます。

FOSS サービスとサポート

装置本体だけではありません。FOSS ソリューションは250人以上に及ぶ熟練のサービスエンジニアによるグローバルネットワークによって支えられています。

FOSSのサポート

MeatScan™

食肉分析を利用した品質と収益の管理

 MeatScan™は簡単でフレキシブル、費用効率の高い日常脂肪分析用ソリューションです。 MeatScan™で食肉中の脂肪含量をバッチごとに標準化できるので、高価な原材料の使いすぎを防ぐことが出来ます。 それと同時に、入荷する食肉原材料中の脂肪含量を評価することにより、在庫を管理することが出来ます。

必須 *

日常分析の利点

詳細に関するご相談はお気軽にフォス・ジャパンまでご連絡下さい。

NIRの測定はプレリゴーポークの脂肪値の安定化を可能にします

 プレリゴーポークのスペシャリスト、Calihan Pork ProcessorsはFOSS MeatScanを使って出荷の際に迅速で信頼性高い脂肪値の測定を行っています。

MeatScanの仕組みをこちらからご覧ください。

MeatScanは誰でも操作できます。 抜群の使いやすさをこちらのビデオでご確認ください。

MOSAICはお客様のアップタイムをサポートします

MOSAICは、FOSSの専門家がインターネットを通して、お客様のMeatScanを遠隔監視できるようにしたソフトウェアです。 このシステムはお客様のMeatScanが確実に高稼働率と高性能を保てるようにします。

詳細はこちら

信頼性のある分析結果で品質改善

MeatScanを使用することで、脂肪分析による最終製品の安定性を改善することが簡易になります。 測定は2万以上に及ぶ食肉サンプルによるデータベースに基づいています。

迅速でユーザーフレンドリーな脂肪分析

食肉分析はおよそ2分で出来て、工場で働く誰でも実施することが出来ます。 化学薬品が不要で、堅牢なMeatScanは生産ラインの横に設置することも出来ます。

食肉用の標準検量線

MeatScanにはANN(Artificial Neural Network)検量線が予め設定されているので、検量線開発とメンテナンスのコスト低減が確実に図れます。 汎用的な検量線はほとんどの食肉製品をカバーします。

DDA近赤外透過

 本製品は測定波長範囲を850~1050nmとする、DDA近赤外透過技術を採用しています。 MeatScanが採用する透過型測定法は、サンプルの前処理と表面状態に影響を受けやすい反射型測定法に比べて、不均質な製品の代表性の高い分析が出来るので、食肉製品の分析に理想的です。  さらにサンプルサイズは約200gと大きいので、バッチの代表サンプルを採取する際のサンプリング・エラーを低減させるのに役立ちます。

We make your user experience better by using cookies. If you continue on this website you agree to the use of cookies. Read more about cookies here.

×