Dedicated Analytical Solutions

パンフレットとデータシート

お勧めのダウンロード

パラメータ: 脂肪分、重量、金属や骨など一部の異物混入、カット肉の等級分け用サイズ(幅、長さ、高さ)

使用対象: 生食肉及び加工肉製品を生産する中規模から大規模の工場

技術: デュアルX線

分析量: アプリケーションに応じて最大1時間当たり25トン

お客様のサンプルタイプに合ったソリューションの検索

 MeatMasterを導入により、赤肉/脂肪の管理がより高精度に行えるため、毎日40トンの食肉を生産するトリミング加工業者では通常、年間収益を最低でも26万ユーロ改善することが出来ます。さらに、異物検出も行えるメリットがあります。

FOSS サービスとサポート

装置本体だけではありません。FOSS ソリューションは250人以上に及ぶ熟練のサービスエンジニアによるグローバルネットワークによって支えられています。

FOSSのサポート

MeatMaster™IIで食肉加工を管理

現在、3つのバージョンのMeatMaster II X線分析装置をご利用いただけます。

MeatMaster II X線食肉分析システムは、新鮮、冷凍またはパックされた食肉を毎時38トンまでスキャンし、脂肪の含有量や重量を判断すると同時に、異物を検知します。

グラインダーの後に設置するMeatMaster II AGは、ひき肉の脂肪含有量の正確な測定を必要とする生産業者向けのバージョンで、グラインダーとミキサー間を移動するひき肉を分析します。

わずか1.58メートルの長さのMeatMaster II C(コンパクト)は、標準のMeatMaster II と比べて約1メートルほど短く、設置面積の限られた生産エリアに収まるように設計されています。冷凍のブロック肉を含み、ボックスやトレーの食肉を測定することができます。

必須 *

お客様の収益改善にお役立てください。

お客様の具体的な製造工程・製品に適した、利益改善と品質向上のためのご相談をお受けしています。FOSS食肉分野担当者にぜひご連絡ください。

1/3 the size

より小さく、洗練されました

 世界的に約9割の主要な食肉加工企業がミートマスターを使用しています。全長がハーフサイズになったことで、より製造ラインへの導入が検討しやすくなりました。新しいミートマスターⅡはより扱いやすいX線分析装置として従来と変わらぬ精度を提供します。

詳細はこちら

X線を用いた全量検査

 FossのX線分析技術は脂肪、重量の測定および、比重が1.7 g/cm3 以上の異物(金属、骨、ガラスなど)の検出においてこれまでにない精度を提供いたします。システムは原料肉、トリミング後、ひき肉を最高20cmの高さから100%スキャンすることが可能で、段ボールやプラスチック製の箱に入っている状態でも、コンベアーベルトを直接流れている状態でも、チルドでも冷凍でもいずれの場合も測定が可能です。

詳細はこちら

品質管理の目

 屠殺から製品の販売まで、ヨークシャーのDovecote Park ではすべての食肉加工工程で専門家の厳しい視点で監視されています。

詳細はこちら (pdf 179kb)

ミートマスターを利用した自動ブレンドシステム

 6種類の原料からレシピ通りの理想的なソーセージを製造するためどのように自動ブレンドシステムが稼動するかが動画で見れます。最新のコスト計算に基づき、システムは具体的に各原料を過不足なく使用していきます。

機能設定、サポートと監視を中央管理

 FOSSのMosaicネットワーク・ソフトウェアのご利用で、専門家チームはインターネットを通じたFOSS装置の、設定、管理、モニターが出来ます。

詳細はこちら

San Angelo社と活躍中のMeatMaster

 米国テキサスのSan Angelo Packing社では、MeatMasterは1,000kgのトリミング肉片組み合わせの標準化に役立っており、また異物の検知にも活用されています。

市販パッケージ用ひき肉の標準化

 Schiller Fleisch社の本部長、Hans Jurgen Kummer氏は次のように語っています: 「MeatMasterを使って、脂肪分析、重量測定、そして最も重要な異物混入の検査を行うので、極めて安全な製品を消費者に提供することができます。 MeatMasterにより、新鮮かつ標準化されて分析済みの製品を常に提供出来ます。」

優れた精度

 デュアルX線テクノロジーの利用で、食肉最終製品中の脂肪含量を0.4~0.6%の安定した精度に保つことが出来るので、消費者と監督機関両方の要求に常に応える事が出来ます。

管理手順の簡素化

 インライン・ソリューションは生産ライン内でリアルタイムで結果が出るので、日常サンプリングの手順におけるコストと余分な作業の手間を省きます。

生産効率の改善

 連続的に生産工程をモニタリングすることにより、常に的確な脂肪含量を保つように原材料を最適に利用して、規格外製品が生じることによる損失を防げます。

豚肉、牛肉、鶏肉に適応

 予め検量線が設定されているので、現場条件に合わせる微調整をするだけで、広範囲のアプリケーションにMeatMaster™を使用できます。

We make your user experience better by using cookies. If you continue on this website you agree to the use of cookies. Read more about cookies here.

×