Dedicated Analytical Solutions

サンプル

穀物: 小麦、デューラム小麦、大麦、トウモロコシ、麦芽、グリーンモルト、オート麦、ライ麦、ライ小麦、ソルガムまたはマイロ、もみ米、玄米、精白米

オイルシード: 大豆、菜種/カノーラ、ヒマワリの種、綿実、落花生

豆類: 平豆、ソラマメ、ヒヨコマメ、グリーンピース、ハウチワマメ

小麦粉・粉末: 小麦粉、セモリナ粕、大豆粕、米ぬか、ヒマワリ粕

その他: DDG、ビール、ウィスキー、蒸留酒、麦汁

使用対象: 穀物の生産者および通商会社

技術: 近赤外分析(NIR)

お客様のサンプルタイプに合ったソリューションの検索

FOSS サービスとサポート

装置本体だけではありません。FOSS ソリューションは250人以上に及ぶ熟練のサービスエンジニアによるグローバルネットワークによって支えられています。

FOSSのサポート

Infratec™ 1241 グレインアナライザー

実績あるパフォーマンス

Infratec™1241 は全粒穀物分析への理想的なソリューションを提供いたします。 実績と信頼性のある性能、そして最先端の機能を持つInfratecは、より高度化が進む穀物分析への要求に応える最適な選択となります。

必須 *

日常分析の利点

詳細に関するご相談はお気軽にフォス・ジャパンまでご連絡下さい。

25年にわたる歴史

常に革新的で、人真似にならないインフラテック1241は25周年を迎えます。穀物の品質検査において最先端を行くインフラテックについての詳しくはこちら。

詳細はこちら

精密な近赤外分析(NIR)

Infratecは自然界でも見られる電磁スペクトルを利用した非破壊分光法、透過型近赤外分析(NIT)技術を採用しています。 NIR領域は700nm~2500nmの波長領域のスペクトルです。 Infratecの波長域は570~1100nmです。

詳細はこちら

稼動中のInfratec 1241™ -全粒穀物の迅速かつクリーンで高精度な分析

 新しい自動サンプル分析装置は、FOSS Data Linkを利用して、よりシンプルでより効率的な穀物分析工程の実現のためにInfratec™ 1241と一体化しました。

機能設定、サポートと監視を中央管理

FOSSのMosaicネットワーク・ソフトウェアのご利用で、お客様の専門家チームはインターネットを通じたFOSS装置の、設定、管理、モニターが出来ます。

詳細はこちら

世界標準の構築

Infratec™ 1241は、タンパク質、水分、油分、でんぷん質の測定に関する標準機として、世界中で認証されています。 高精度で信頼できる結果で、一貫した品質維持をサポートします。

詳細はこちら

迅速かつフレキシブル

Infratec™ 1241では、例えば菜種から大麦への切り替えのような、小粒から大粒への穀粒間のモード切り替えが簡単に出来ます。 Infratecは選択された作物に応じて自動的にモード調整されます。

温度の変化に影響されません

穀物の分析は収穫される夏の暑い時期から始まり、出荷される冬の寒い時期まで幅広く多様な条件下で行われます。 Infratec は特許を持つ安定化技術によって、天候に左右されない正確な結果を得ることが出来ます。。

卓越した検量線の安定性

膨大なInfratecのデータベースは5万以上の手分析とクロスチェックされたデータを含み、PLS、そして堅牢なANN検量線は10年分以上に及ぶ収穫から収集した広範なサンプルに基づいて構築されています。 この情報の集積から得られる精度と安定性により、Infratecは多くの特殊なサンプルでも分析することが出来ます。

追加モジュールで機能を拡充

Infratec™ 124に1は、少量のサンプル、高水分サンプル、液体サンプルを分析するためのモジュラーシステムとしてフラワーモジュール、容積重モジュール、サンプルトランスポートモジュール等があります。

We make your user experience better by using cookies. If you continue on this website you agree to the use of cookies. Read more about cookies here.

×