Dedicated Analytical Solutions

パンフレットとデータシート

お勧めのダウンロード

分析数:最大600 サンプル/時間

パラメータ:体細胞数、脂肪分、タンパク質、乳糖、固形分、尿素、凝固点降下、遊離脂肪酸、カゼイン、脂肪酸プロファイル、ケトーシス、及びその他、PHとHインデックスなど。

技術:細胞測定にはフローサイトメトリー、成分にはFTIRを採用(IDF/ISO、ICAR、FDA、AOAC およびEU準拠)

対象サンプル:生乳(ウシ、ヒツジ、ヤギ、バッファロー)

FOSS サービスとサポート

装置本体だけではありません。FOSS ソリューションは250人以上に及ぶ熟練のサービスエンジニアによるグローバルネットワークによって支えられています。

FOSSのサポート

CombiFoss™ FT+

牛群改良と成分取引のための生乳検査を一体化されたユニット

CombiFoss™ FT+ はMilkoScan™ FT+とFossomatic™ FCが完全に統合され、成分取引と牛群改良のための分析に必要な全てデータを提供することが出来ます。 Fossomatic FCは体細胞を測定し、MilkoScan FT+は尿素、脂肪分、タンパク質、そして脂肪酸を含む様々な重要なパラメータの分析を行います。

必須 *

ソリューションについて相談する

お客様それぞれに合ったソリューションの詳細についてはFOSSにお問合せ下さい。

生乳品質管理の最前線にて

 アメリカで生乳検査の最新鋭の試験室であるDairy Oneでは ミルコスキャン FT+による高精度で高速処理の効果を実感していただいています。

自動化された試験室へ

 オランダ Zutphen の Qlip 生乳検査(CMT)試験室は作業を自動化することにより、進化し続ける要求への対応と同時によりフレキシブルな品質管理サービスを酪農家や乳業者に提供しています。

詳細はこちら (pdf 577kb)

二つの最先端技術が統合して一つのシステムに

CombiFoss™は実績のあるFossomatic™ FCとMilkoScan™の技術を一体化しました。 Fossomatic FCはフローサイトメトリー技術に基づいています。 セルと微粒子を区別し、カウントする技術に基づいています。 MilkoScan? FT+はFTIR (Fourier Transform Infrared-フーリエ変換赤外分光)分析に基づいています。 1000~5000 cm -1に相当する3~10 μm の中赤外領域のスペクトルを測定します。

詳細はこちら

機器構成、サポート、サーベランスの中央化に

FOSS MosaicネットワーキングソフトウェアはFOSS機器のインターネットを介した専門チームによる構成、管理、モニターを可能にします。

詳細はこちら

統合ソフトウェア・プラットフォーム

MilkoScan™ FC、Fossomatic™ FC、そして CombiFoss™ FTは共に、トレーサビリティー用の最先端のデータハンドリングと保存設備を備えた、強力なFOSS Integratorソフトウェア・プラットフォームを共有しいます。また、試験所では共通のインターフェースでより効率的な操作が行えます。

迅速で効果的な分析

自動洗浄機能付きのピペットで、最も扱いにくいサンプルでもスピーディーで能率よく簡易に測定

体細胞測定用の試薬を温度管理することで、染色と洗浄の条件を最適化しています。

ウシ、ヒツジ、ヤギ、バッファローの生乳が分析できます

RFID搭載

簡易な操作、分析結果の取り扱い、トレーサビリティーのためのソフトウェア・プラットフォーム(FOSS Integrator IMT)

We make your user experience better by using cookies. If you continue on this website you agree to the use of cookies. Read more about cookies here.

×