Dedicated Analytical Solutions

お客様のサンプルタイプに合ったソリューションの検索

効率を高めて収益性を上げる

毎日10トンのひき肉を製造する製造工場では、脂肪値の測定精度が1%改善されると、原材料の利用率が改善されるだけでなく、サプライヤーをより綿密に管理出来るようになり、少なくとも年間3万ユーロのコスト削減につなぐことを期待出来ます。

FOSS サービスとサポート

装置本体だけではありません。FOSS ソリューションは250人以上に及ぶ熟練のサービスエンジニアによるグローバルネットワークによって支えられています。

FOSSのサポート

ひき肉生産の目標を狙い通りに

ハンバーガー、店頭用パック済みのひき肉やミートボールなどの、ひき肉製品の生産において、適切な脂肪値を決定するのは非常に重要なことです。 FOSSソリューションは目標レベルにより近付けるため、製品の標準化に必要な情報を提供いたします。

市販パッケージ用ひき肉の標準化

 Schiller Fleisch社の本部長、Hans Jurgen Kummer氏は次のように語っています: 「MeatMasterを使って、脂肪分析、重量測定、そして最も重要な異物混入の検査を行うので、極めて安全な製品を消費者に提供することができます。 MeatMasterにより、新鮮かつ標準化されて分析済みの製品を常に提供出来ます。」

MeatMaster™が実際に作動している様子はこちらから。

X線技術を採用したMeatMasterTM は、コンベア上の全ての食肉を連続的にスキャンして「リアルタイム」の分析結果を提供いたします。 MeatMasterはあらゆる種類の生肉の脂肪分析や食肉の異物混入分析にも使用できます。

ProFoss?が実際に作動している様子はこちらから。

ProFossTMは、ひき肉生産での食肉/脂肪分の含有量を確実かつ容易に管理いたします。 高解像度技術は高精度につながります

市販用のひき肉-スペインのMartinez Lorientes社

 Embutidos Martinez社は1988年に設立され、Bunolの新設工場は市販用パッケージ済みのひき肉専用に、高度に自動化されています。 MeatMasterは生産ラインに完全に統合されて、ひき肉のバッチに関する自動化生産データを提供します。 骨や金属が検出された場合は自動的にリジェクトされます。

We make your user experience better by using cookies. If you continue on this website you agree to the use of cookies. Read more about cookies here.

×