Dedicated Analytical Solutions

お客様のサンプルタイプに合ったソリューションの検索

MeatMasterを導入すると、赤肉/脂肪の管理がより高精度に行えるので、毎日40トンの食肉を生産するトリミング加工業者では通常、年間収益を最低でも26万ユーロ改善することが出来ます。  その上、一部、異物検出も行えるメリットがあります。

FOSS サービスとサポート

装置本体だけではありません。FOSS ソリューションは250人以上に及ぶ熟練のサービスエンジニアによるグローバルネットワークによって支えられています。

FOSSのサポート

カットと骨抜きの最適化

FOSSソリューションで、原材料の脂肪含量を規格に合うように調整できます。 収益性も最大限に改善することができ、最終製品も常に確実に規格に適合します。

トリミング肉のCLと異物管理

MeatMasterTMは食肉生産を最適化する最も賢明な手段です。 デュアルソースのX線アナライザーを用いて、1時間あたり最大22トンの生肉、冷凍肉、加工・包装済み食肉をスキャンして、脂肪分、一部の異物混入を重量1%の精度で測定することが出来ます。 MeatMasterが実際に作動している映像はこちらから。

迅速で精度の高い食肉成分分析

 FOSS FoodScanTMは脂肪、水分、タンパク質、コラーゲン、塩分などの主要パラメータの分析を行い、結果を1分以内で出します。

高精度の保証

高精度と高性能を保つMeatScanの測定は、2万以上の標準物質の食肉サンプルを含むデータベースを基に行われます。 FOSSは食肉産業界にに食肉成分の日常分析を数十年間提供してまいりました。この豊富なサンプルはその経験の中で蓄積されたものです。

詳細はこちら

MeatMasterで異物混入を検出

 ウルグアイのCarrasco社では、MeatMasterが出荷されるトリミング肉片カートンをCL-含有量と異物に関して検査しています。

We make your user experience better by using cookies. If you continue on this website you agree to the use of cookies. Read more about cookies here.

×