Dedicated Analytical Solutions

“ミートマスターを利用した自動ブレンドシステム ”

 6種類の原料からレシピ通りの理想的なソーセージを製造するためどのように自動ブレンドシステムが稼動するかが動画で見れます。最新のコスト計算に基づき、システムは具体的に各原料を過不足なく使用していきます。

“San Angelo社と活躍中のMeatMaster ”

 米国テキサスのSan Angelo Packing社では、MeatMasterは1,000kgのトリミング肉片組み合わせの標準化に役立っており、また異物の検知にも活用されています。

“塩漬ソーセージは半自動で脂肪値を標準化して生産 ”

 Casademont社は家族経営の、多彩なポーク加工製品製造企業で、取り扱い製品は発酵ソーセージ(チョリソ、サラミなど)、乾燥塩漬ハム、加熱ハムなどです。会社の年間売り上げは2億5千万ユーロで、約400人の従業員を抱えています。 一日の生産量は約100トンです。 MeatMasterは塩漬ソーセージの生産で、脂肪値標準化を半自動で行うために使用されました。

“市販用のひき肉-スペインのMartinez Lorientes社 ”

 Embutidos Martinez社は1988年に設立され、Bunolの新設工場は市販用パッケージ済みのひき肉専用に、高度に自動化されています。 MeatMasterは生産ラインに完全に統合されて、ひき肉のバッチに関する自動化生産データを提供します。 骨や金属が検出された場合は自動的にリジェクトされます。

“市販パッケージ用ひき肉の標準化 ”

 Schiller Fleisch社の本部長、Hans Jurgen Kummer氏は次のように語っています: 「MeatMasterを使って、脂肪分析、重量測定、そして最も重要な異物混入の検査を行うので、極めて安全な製品を消費者に提供することができます。 MeatMasterにより、新鮮かつ標準化されて分析済みの製品を常に提供出来ます。」

“MeatMasterで異物混入を検出 ”

 ウルグアイのCarrasco社では、MeatMasterが出荷されるトリミング肉片カートンをCL-含有量と異物に関して検査しています。

“理想的な保存処理-X線分析でハムの乾燥工程が改善されました ”

 ミートマスターの新しいオプションは、高価で時間のかかる保存プロセスを最適化でドライハムの生産者を支援します。

詳細はこちら (pdf 210kb)

“加工ラインでの脂肪分析 ”

 Fleischerei Technikの発表によると、トリミングした原料肉のミートマスターによるオンライン測定の導入によって顧客からのクレームを減少し、原料コストの削減にもつながりました。

“MeatMaster™のケースストーリー集のダウンロード ”

 MeatMasterのユーザー5名の方に、この分析装置の利点についてお話しいただきました。

詳細はこちら (pdf 438kb)

“迅速に行える毎日の分析には多大な利点があります ”

 スウェーデン、Linkopingにあるケバブ製造企業Meetab社は、入荷される食肉の脂肪含量のばらつきに関する問題を抱えていました。 しかし、2006年にFoodScanTMが設置されて以来、状況は一転しました。

詳細はこちら (pdf 133kb)

“「クリックするだけで最新の分析データが手に入ります」 ”

 ペンシルバニアのDevault Foods社は新しいRINAソフトウェア・スィートを活用しており、今、デスクトップ・コンピューターから食肉分析結果が確認されるところです。

詳細はこちら (pdf 265kb)

“NIRの測定はプレリゴーポークの脂肪値の安定化を可能にします ”

 プレリゴーポークのスペシャリスト、Calihan Pork ProcessorsはFOSS MeatScanを使って出荷の際に迅速で信頼性高い脂肪値の測定を行っています。

We make your user experience better by using cookies. If you continue on this website you agree to the use of cookies. Read more about cookies here.

×