Dedicated Analytical Solutions

お客様のサンプルタイプに合ったソリューションの検索

水分管理で収益向上

例えば、最終製品の含水率を11.5% から 12.3%に最適化させる事で大幅な経費削減を行えます。

収益向上について詳細はフォス・ジャパンまでご連絡ください。

FOSS サービスとサポート

装置本体だけではありません。FOSS ソリューションは250人以上に及ぶ熟練のサービスエンジニアによるグローバルネットワークによって支えられています。

FOSSのサポート

搾油工程の改善のための分析

搾油での重要なポイントは、入荷時からの原材料の種子の品質管理に始まります。 InfratecTM 1241グレインアナライザーなどで知られるFOSS の分析ソリューションは、油分、水分、タンパク質の測定で比類ない精度を実現します。

オールインワンの大豆分析

Infratec 1241 グレインアナライザーは大豆の入荷時点での管理に用いることも出来ます。 フラワーモジュールオプションを用いると、その同じユニットをプロセス終了後の大豆粕の検査に用いることも出来ます。

詳細はこちら

油の成分の迅速な分析

FOSS XDS Rapid LiquidTM アナライザーは近赤外分析テクノロジーを採用した最先端のNIR分析装置です。 XDSはほとんど全ての液体または粘性の懸濁液の分析が可能で、ラボ、または生産ラインでより確実な品質管理と品質保証にご利用いただけます。

ばらつきを抑えて収益向上

抽出プロセスにて最終的な副産物の含油率をモニターすること、つまり含油率と含水率を365日最適に保つことで、収益を高めることにつなげます。

プロセスの改善へ向けた管理の強化

ラボ用分析ユニットは信頼できる分析結果を出すのがとても簡単なので、誰でも製品の品質改善に貢献することが出来ます。 さらに FOSS 製品では連続自動インライン分析が行えるので、プロセス全般にわたる明瞭な全体像を得ることが出来ます。

We make your user experience better by using cookies. If you continue on this website you agree to the use of cookies. Read more about cookies here.

×