Dedicated Analytical Solutions

最適なFOSSソリューションの検索

サンプルタイプを選択してください。

収益性の改善

迅速性、そして分析当たり比較的低コストであることから、NIRは現在の飼料およびサイレージ検査試験室の最適なツールとなります。 NIRは化学分析に代わって、または化学分析を補完する形で、あとで詳細な分析を行うための規格外のサンプルを検出するスクリーニング用ツールにもなります。

FOSS サービスとサポート

装置本体だけではありません。FOSS ソリューションは250人以上に及ぶ熟練のサービスエンジニアによるグローバルネットワークによって支えられています。

FOSSのサポート

認証済みの飼料およびサイレージの分析

ISO 12099規格によって、飼料およびサイレージの検査試験室には、近赤外(NIR)法に基づいた認証済みの分析サービスを提供するための新たな可能性が生まれました。 単独の装置からネットワーク化された装置の管理まで、FOSSはあらゆるNIRアプリケーションでのメリットを提供いたします。 迅速なNIR分析ソリューション、もしくは自動化された標準分析のいずれをお探しの場合でも、常に高精度で信頼の置ける、家畜飼料の分析結果を提供いたします。

安定した堅牢な検量線の作成

最適な検量線開発の戦略と検量線の安定化は効果的で信頼性の高いNIR運用の鍵となります。

詳細はこちら (pdf 187kb)

精度と信頼性の高いNIR

ISO 12099の認証により、NIR技術は精度とバリデーション用に一貫した用語を持つようになりました。 飼料とサイレージの試験を行う試験室用のFOSSソリューションは、使いやすいインターフェースと、レポートをカスタマイズしてNIR分析結果をLIMSまたは加工システムに統合できる、強力な手段を提供いたします。

詳細はこちら

検量線モデルの簡単な管理方法

LOCAL検量線技術は非線形パラメータとデータセットの管理をサポートし、広範囲で多様な種類の製品を一つのデータベースまとめることが出来ます。 WinISI 4は特許を取得しているLOCAL検量線技術を改良し、さらに優れた製品に仕上げました。

詳細はこちら

検量線開発用に拡張された機能性

WinISI 4は、ISIscanとFOSS Integratorをベースにした装置の強力な検量線開発を目的とした、次世代の包括的なケモメトリックスパッケージです。 WinISI 4には多くの改良と新機能が追加され人気の高い判別分析では、製品識別と混入物スクリーニングの可能性を広げました。 また、改良されたLOCAL検量線技術は、大規模で高精度、堅牢で使いやすいNIR検量線の開発に適しています。

詳細はこちら

機能設定、サポートと監視を中央管理

 FOSSのMosaicネットワーク・ソフトウェアのご利用で、専門家チームはインターネットを通じたFOSS装置の、設定、管理、モニターが出来ます。

詳細はこちら

We make your user experience better by using cookies. If you continue on this website you agree to the use of cookies. Read more about cookies here.

×