Dedicated Analytical Solutions

最先端技術のソフトウェアにサポートされた飼料分析ソリューション

FOSSソリューションでは、試験室、アットライン、またはインラインにおいて、最高基準の精度と信頼性を兼ね備えた、迅速な分析を提供するための分析装置とソフトウェアをご用意しています。

1トン当たり2ユーロのコスト削減

飼料工場でのNIR分析の利点 例えば、タンパク質量を目標にさらに近づけることで、少なくとも大豆粕1トン当たり2ユーロの削減も可能です。
インテグレーターでは、飼料変換効率を改善することにより、更なるコスト削減が望めます。

FOSS サービスとサポート

装置本体だけではありません。FOSS ソリューションは250人以上に及ぶ熟練のサービスエンジニアによるグローバルネットワークによって支えられています。

FOSSのサポート

信頼性高い飼料分析

飼料分野での新情報

 NIRperformance.comは飼料分析の専門家とNIRのエキスパート達が飼料のNIR分析に関する知見や革新的なアイデアを共有するためのサイトです。専門家の意見や無料のリソース、業界内での意見交換などを飼料業界のさらなる発展にご活用頂けます。  今すぐアクセス: NIRperformance.com

NIRS™ DS2500 飼料分析アナライザー - 次世代のNIR装置

FOSSは独自のパフォーマンスをもたらすFOSS NIRソリューションのすべての機能と幅広い波長領域を併せ持つ近赤外分析装置としてNIRSTM DS2500フィードアナライザーを発表しました。

詳細はこちら

機能設定、サポートと監視を中央管理

 FOSSのMosaicネットワーク・ソフトウェアのご利用で、専門家チームはインターネットを通じたFOSS装置の、設定、管理、モニターが出来ます。

詳細はこちら

NIR検量線作成法の比較

NIR測定装置の検量線作成には多くの手法があり、比較検討が必要です。インタビューのビデオではCRA-W 農業研究センターのPierre Dardenne博士が農産物や飼料の測定を目的とするNIRアプリケーションにおいて検討すべき主な手法の概要について説明した上で、彼の研究を進める上で適切な方法について語っています。

ANN(Artificial Neural Network)検量線テクノロジーで費用効率の高い品質管理

ANNは非線な関係に対応出来るので、家畜飼料、ペットフード、フォーレッジのような複雑なアプリケーションに特に適しています。

詳細はこちら

安定した堅牢な検量線の作成

最適な検量線開発の戦略と検量線の安定化は効果的で信頼性の高いNIR運用の鍵となります。

詳細はこちら (pdf 187kb)

優れた高精度

家畜飼料生産に携わっている多くのお客様にとって、迅速なNIR測定ソリューションのご検討、自動化された化学分析のご検討を問わず、精度は最も重要な選定理由の一つです。家畜飼料分析において適切な結果を安定的に提供いたします。

詳細はこちら

We make your user experience better by using cookies. If you continue on this website you agree to the use of cookies. Read more about cookies here.

×