Dedicated Analytical Solutions

“ケトーシスによるコストロスを削減 ”

 カナダのケベックにあるValacta生乳検査所は、牛群管理の中で酪農家にケトーシスの危険性を早期警告する取り組での先駆的存在です。2011年6月のサービス開始以来、顧客の利用率は60%を超えています。

詳細はこちら (pdf 79kb)

“飽和脂肪とのバランスの発見 ”

 牧草地で時間をかけて: 飼料の調整で生乳の飽和脂肪量は低減します。

詳細はこちら (pdf 249kb)

“RFID技術を用いた生乳検査所での全自動サンプル管理 ”

 RAUDSZUS Electronic GmbHの資料では最新のラボの自動化プロジェクトのコンセプトと、検査の専門家のさまざまな要望にこたえる柔軟性を含む多くのRFID採用による利点を説明しています。

詳細はこちら (pdf 50kb)

“FTIR 分析にサポートされた生乳検査の発展 ”

 生乳検査組織 Clinica do Leite は最先端技術の Fourier Transform Infrared(FTIR-フーリエ変換赤外分光)分析を用い、ブラジルの生乳検査を牽引しています。

詳細はこちら (pdf 288kb)

“自動化された試験室へ ”

 オランダ Zutphen の Qlip 生乳検査(CMT)試験室は作業を自動化することにより、進化し続ける要求への対応と同時によりフレキシブルな品質管理サービスを酪農家や乳業者に提供しています。

詳細はこちら (pdf 577kb)

“生乳品質管理の最前線にて ”

 アメリカで生乳検査の最新鋭の試験室であるDairy Oneでは ミルコスキャン FT+による高精度で高速処理の効果を実感していただいています。

“FRIR でヤギ乳の迅速な分析 ”

 以下はスペイン Valdepenas の CENSYRA laboratoryでお伺いした ミルコスキャンFT+ の利点です。

“生乳中の細菌数 - 過去と現在 ”

 生乳のサンプルは一見、3~40年前と全く同様に見えます。 しかし、現在採取されたサンプル中の細菌数は以前に比べてはかなり少なくなっています。 

詳細はこちら (pdf 331kb)

“ Mosaic™モザイクによる複数検査機器の一元管理 ”

 ユーロフィン・ステイン研究所がネットワークソフトMosaic モザイクを利用してどのように複数機器を一元管理しているかご覧いただけます。

We make your user experience better by using cookies. If you continue on this website you agree to the use of cookies. Read more about cookies here.

×